公認心理師の職責

2019年05月29日水曜日

【公認心理師としての職責の自覚】

(1)公認心理師の役割

公認心理師法
 公認心理師の定義
 信用失墜行為の禁止
 秘密保持義務
 関係者等との連携等
 資質向上の責務


(2)公認心理師の法的義務及び倫理

倫理的ジレンマ

多重関係


(3)心理に関する支援を要する者(要支援者)等の安全の確保と要支援者の視点

リスクアセスメント

危機介入


自殺の予防



(4)情報の適切な取扱い

個人情報保護法関連5法

専門家間の情報共有


業務に関する記録の適切な保管


インフォームド・コンセント




【問題解決能力と生涯学習】

(1)自己課題発見と解決能力

(2)生涯学習への準備

心理職の成長モデル

スーパービジョン




【多職種連携・地域連携】

多職種連携・地域連携の意義及びチームにおける公認心理師の役割

家族との連携


自己責任と自分の限界


支援に関わる専門職と組織


0 件のコメント

コメントを投稿

About Me

小学校~大学までの教育領域で臨床活動をしています。また10年以上、臨床心理士資格試験対策の勉強会に携わってきました。
このブログでは公認心理師および臨床心理士の資格試験に向けた内容をアップしていきます。時々、コラムや読書録なども。

Followers

CONTACT

名前

メール *

メッセージ *

© 公認心理師・臨床心理士の勉強会
designed by templatesZoo