2019:午後問題

2019年11月02日土曜日

問78:生物心理社会モデル


問79:怒りという感情に関する理解


問80:1要因分散分析の帰無仮説


問81:運動視と関連がある現象


問82:うつ状態と関連する学習理論概念


問83:視床下部-下垂体系の理解


問84:記憶障害者に対するリハビリテーション手法


問85:Selmanの役割取得の発達段階


問86:ディスレクシア


問87:Flynn効果


問88:1歳半の幼児の認知・言語機能の評価が可能な検査の選定


問89:認知症高齢者への回想法


問90:デイケアでの利用者ミーティングの運営


問91:自閉スペクトラム症/自閉症スペクトラム障害〈ASD〉


問92:解離性障害


問93:ADHDの二次障害


問94:適正処遇交互作用


問95:自殺予防に対する公認心理師の対応や判断


問96:生徒指導


問97:大学における合理的配慮


問98:Hirschiの社会的絆理論


問99:説明からある概念を特定する:キャリア・アンカー


問100:ナルコレプシー


問101:妊娠・出産とうつ病


問102:学校において医療機関との連携が必要になる事例


問103:成年後見制度


問104:労働者の心の健康の保持増進のための指針


問105:危機介入時における学級会を通したアプローチ


問106:自殺のリスク因子の高低


問107:公認心理師法第2条


問108:共同注意行動


問109:Thomas&Chessのニューヨーク縦断研究:9つの気質


問110:Belskyの「親の養育行動の規定因に関するプロセスモデル」


問111:Yalomが示した集団療法の治療要因


問112:心理療法の有効性の研究


問113:更生保護の業務及び制度


問114:採用面接において面接者が陥りやすい心理


問115:糖尿病の(による)リスク因子


問116:ベンゾジアゼピン受容体作動薬の副作用


問117:生活困窮者自立支援法


問118:教育委員会が行う出席停止措置


問119:ストレス反応に関する理解


問120:公認心理師が心理的支援を続行できないとき


問121:スーパービジョン


問122:準実験的研究法


問123:集団式の能力テスト


問124:ギャンブル等依存症


問125:アセスメント報告をまとめるの際の留意点


問126:秘密保持義務の例外状況


問127:対人魅力


問128:J.Piagetの発達段階説


問129:PECS(the Picture Exchange  Communication System)


問130:田中ビネー知能検査Ⅴ


問131:公衆衛生における一次予防・二次予防・三次予防


問132:知的障害のある子どもへの対応方針


問133:物質使用障害


問134:親権


問135:犯罪被害者等基本法


問136:状況から適切な統計方法を選択する


問137:事例で生じている心理学概念を同定する


問138:障害を負ったクライエントに関する見立てと対応


問139:見立てに必要な情報の理解および合致する検査の選定


問140:見立てのために必要な査定ポイントの同定


問141:社会構成主義的立場に基づくアプローチの選択


問142:行動変容ステージモデルに基づいた対応


問143:事例内容に該当する虐待種別の選択


問144:被虐待児の反応の見立て


問145:プログラム学習


問146:教育領域での評価法


問147:高齢者虐待と保護観察付執行猶予中の再犯可能性が混合した事例対応


問148:ストレスプロフィールに基づいた高ストレス者に該当するか否かの補足的面接


問149:いじめの訴えがあったときの対応


問150:DV被害者に生じやすい心理傾向の理解


問151:労働安全衛生法に基づいた対応


問152:不眠症と思われる男性への適切な対応


問153:地域包括支援センターの対応


問154:うつ病で休職中のクライエントが復職の希望を訴えてきた際の対応

0 件のコメント

コメントを投稿

About Me

小学校~大学までの教育領域で臨床活動をしています。また10年以上、臨床心理士資格試験対策の勉強会に携わってきました。
このブログでは公認心理師および臨床心理士の資格試験に向けた内容をアップしていきます。時々、コラムや読書録なども。

Followers

CONTACT

名前

メール *

メッセージ *

© 公認心理師・臨床心理士の勉強会
designed by templatesZoo