2019:午前問題

2019年08月22日木曜日

問1:公認心理師法


問2:連携-ケア会議での対応


問3:心理学の3大潮流


問4:最初に知能検査を開発した人物


問5:基本的な統計用語の把握


問6:順序尺度における散布度


問7:


問8:プライミング


問9:条件づけ理論の基本的用語


問10:


問11:パーソナリティ障害群の診断基準の把握


問12:


問13:


問14:


問15:


問16:


問17:説明からある概念を特定する:関与しながらの観察


問18:説明からある概念を特定する:フェルトセンス


問19:


問20:虐待死事例における近年の統計的傾向


問21:マルトリートメントによる影響


問22:PTSDの診断基準(DSM-5)とその周辺


問23:日本語を母語としない成人の知能検査


問24:文部科学省の「暴力行為」に関する理解・把握


問25:説明からある概念を特定する:ピグマリオン効果


問26:いじめの重大事態への対応


問27:


問28:DSM-5における反社会性パーソナリティ障害の診断基準


問29:説明からある概念を特定する:ハインリッヒの法則


問30:緊張病に特徴的な症状


問31:オピオイドの副作用


問32:


問33:ストレスチェック制度


問34:学校における自殺予防教育


問35:公認心理師法


問36:


問37:


問38:


問39:思春期のクライエントに関する情報提供


問40:


問41:


問42:児童相談所の業務内容の法的根拠


問43:学校教育法に規定されている教育の目標


問44:スクールカウンセラーに求められる役割


問45:SOAP形式の記録に関する理解


問46:就労継続支援B型


問47:アレキシサイミア


問48:心理面接における沈黙


問49:多職種チーム内における公認心理師の役割および作法


問50:公認心理師法


問51:


問52:障害者差別解消法-合理的配慮


問53:


問54:


問55:虞犯少年の処遇


問56:女性の更年期障害


問57:うつ病に見られることが多い妄想


問58:


問59:虐待が生じ始めたときの幼児の反応


問60:


問61:


問62:


問63:インテーク時の主訴に関する問いかけ


問64:健康な高齢者への不眠に関する助言


問65:ひきこもり事例の保護者への助言


問66:心的外傷反応を示す女児への対応に関する助言


問67:見立てが確定できない時の行うべき対応


問68:


問69:見立てに準じた適切な検査を選択する


問70:


問71:


問72:


問73:


問74:


問75:


問76:


問77:

0 件のコメント

コメントを投稿

About Me

小学校~大学までの教育領域で臨床活動をしています。また10年以上、臨床心理士資格試験対策の勉強会に携わってきました。
このブログでは公認心理師および臨床心理士の資格試験に向けた内容をアップしていきます。時々、コラムや読書録なども。

Followers

CONTACT

名前

メール *

メッセージ *

© 公認心理師・臨床心理士の勉強会
designed by templatesZoo