公認心理師 2019-36

2019年08月24日土曜日

問36はアルツハイマー型認知症の患者に対して公認心理師が実施することの選択です。
意外と過去問との絡みが多い設問でした。

公認心理師 2019-27

2019年08月23日金曜日

問27は教育学の概念である形成的評価についてですね。
「形成的評価」という用語で辞書等を調べてもヒットしないことが多いですけど、「教育評価」とか「マスタリー・ラーニング」で調べたら出てきます。

公認心理師 2019-70

2019年08月22日木曜日

問70は患者の状態から何が起こっているかを見極める問題です。
まずは抗精神病薬によって起こり得る副作用を理解していることが大切ですね。

公認心理師 2019-33

2019年08月22日木曜日

問33はストレスチェック制度、特に事業者に関する事柄を問うています。
労働安全衛生法に基づく制度ですし、実施者として公認心理師も名前を連ねています。
しっかりと把握しておきましょう。

公認心理師 2019-56

2019年08月21日水曜日

問56は女性の更年期障害についてです。
症状を知っておくことで、見立ての誤りを防ぐことができる可能性が高まります。
知っていても、なお見誤ってしまうこともあるのですけど。

公認心理師 2019-31

2019年08月21日水曜日

問31はアヘンが結合するオピオイド受容体に親和性を有する物質=オピオイドに関する内容です。
主に鎮痛を目的として処方されるものですね。

公認心理師 2019-8

2019年08月21日水曜日

問8はプライミングに関する問題です。
プライミング効果については2018追加-136の冒頭で詳しく説明してあります。
過去問を見てもプライミング効果はよく出題されているので、細やかに把握しておきましょう。

公認心理師 2019-26

2019年08月20日火曜日

問26はいじめの重大事態の際の対応を問うものです。
いじめ防止対策推進法や文部科学省から出されている方針をチェックしておくことが重要です。

公認心理師 2019-21

2019年08月20日火曜日

問21はマルトリートメントに関する設問です。
マルトリートメント=不適切な養育ということを知っていることが前提ですね。
メディアに友田明美先生が出演されていることも多いので、知っている方も多いかなと思います。

公認心理師 2019-69

2019年08月19日月曜日

問69は見立てを行ったうえで、その見立てに沿った検査を選択する問題です。
まずは事例の状態をどのように見立てるかですね。

About Me

小学校~大学までの教育領域で臨床活動をしています。また10年以上、臨床心理士資格試験対策の勉強会に携わってきました。
このブログでは公認心理師および臨床心理士の資格試験に向けた内容をアップしていきます。時々、コラムや読書録なども。

Followers

CONTACT

名前

メール *

メッセージ *

© 公認心理師・臨床心理士の勉強会
designed by templatesZoo