Oくんのこと

2020年02月15日土曜日

高校の時、学級日誌に日直が思っていることを書くのがお決まりになっていました。
同じクラスだったOくんの書いた内容が印象的で、今も思い出します。


英語の○○先生は、問題を解くときに「さぁ、この問題をやっつけよう」と言います。
僕はこの「やっつけよう」という表現がとても好きだ。
問題を解くときには「やっつけよう」というくらいの気持ちじゃないとダメなんだと思う。
だから、いつも問題を解くときに「やっつけてやる」という気持ちで取り組むようにしている。

担任のコメント…可愛いな、お前


試験問題を解くときって、そういう「負けるか!」とか「こいつをやっつけてやる」という反発心って大切な気がします。
わからなさが積もっていき、わからないという感覚がマヒしてしまうと、何となく解けたような気がしている、何となくわかったような気がしている、という状態になりがちです。
それって「問題にやっつけられた」んじゃないのかなって思うんです。

試験問題の解説をしているときに「こんなもんでいいかなー」と楽をしそうになっていると、Oくんの学級日誌が思い出して「こんなもんでやっつけたことにはならないぞ」と再度取り組みます。
資格試験は大変ですけど問題に「やっつけられず」に、「やっつけて」やりましょう。

…Oくん、元気かなぁ。

Share /

0 件のコメント

コメントを投稿

About Me

小学校~大学までの教育領域で臨床活動をしています。また10年以上、臨床心理士資格試験対策の勉強会に携わってきました。
このブログでは公認心理師および臨床心理士の資格試験に向けた内容をアップしていきます。時々、コラムや読書録なども。

Followers

CONTACT

名前

メール *

メッセージ *

© 公認心理師・臨床心理士の勉強会
designed by templatesZoo