公認心理師 2019-109

2019年09月15日日曜日

問109はトーマスらの気質研究に関する問題です。
気質でトーマスらの研究はかなりメジャーなものですから、この領域の基本問題と言えるでしょう。

問109 A.ThomasとS.Chessらによって行われた「ニューヨーク縦断研究」で見出された9つの気質に含まれないものを1つ選べ。
①外向性
②順応性
③活動水準
④接近・回避
⑤気の散りやすさ

人間の特性を示す言葉は多くありますが、一度整理しておきましょう。
パーソナリティとは人格とほぼ同義で「概ね後天的に形成された側面も含む個人的性質の総称」を指します。
その研究の見解としては、①個人のユニークさを反映したもの、②持続的で安定した特徴、③個人の内にある傾向性によって決定されるもの、の観点からまとめられることが多いです。

パーソナリティの類似概念としては「気質」や「個性」があります。
気質は、パーソナリティと同義で用いられることもあるが、特に「個人のもつ遺伝的・生物学的・神経生理学的特性」を示す場合に用いられることが多いです。
気質研究の草分けはThomas(トーマス)で、気質特性は乳幼児期の間は一定の連続性があるが、成人前期との関連性は極めて弱く、乳幼児期の気質は変化することを示しました。
一方、個性は個人の特徴的な側面を総体的に表します。
一部の特徴を強調する場合には「性質」や「特徴・特質」と呼ぶことが多いですね。



解答のポイント

トーマスらの研究の基盤である「気質をどう捉えるか」を把握している。



選択肢の解説


①外向性
②順応性
③活動水準
④接近・回避
⑤気の散りやすさ

トーマスとチェスはNew York Longguitudinal Study:NYLS(=ニューヨーク縦断研究)と名付けられた研究を進め、その中で気質を定義づけ、測定可能としました(1977)。
ニューヨーク在住の中流家庭・上流家庭の子ども136名を対象にした縦断研究(それぞれの子どもの成長プロセスを追跡調査する研究)で、乳児期~青年期までの子どもの気質の類型や個人差を調べた先駆的研究として知られています。
調査対象になったのは、乳幼児期(生後5年まで)と青年期(18歳~24歳まで)の子どもや青年であり、子どもの気質の分類を調べるために観察法・心理テスト(質問紙法・知能検査)・両親との面接・教師や保育士からの聴取などを行いました。

この研究では、気質を行動のスタイルの要素として捉えています。
すなわち気質は行動を「どう進めるか」に関わるものであり、行動の「なぜそう行動するか」(動機づけ)や行動の「何ができるか」(能力)とは区別されます。
よって、この研究では子どもが行動をどのように表すのかに焦点をあてたものと言えるでしょう

この研究では、冒頭で示した気質の定義の通り、気質には生物学的な基礎があり、乳児期には行動として現れると想定されています。
こうした調査の前提の定義を知っておくと、9つの気質を覚えていなくても解ける問題だったかしれません。
なぜなら、9個の気質をしっかりと覚えておくというのは困難だと思われるためです(ミラーの不思議な数字を超えていますよね)。

トーマスらは親へのインタビューから個人差を表す次の9つの気質の特性リストを作りました。

【1.活動水準】
「活発に動いている時間」と「不活発で動かない時間」との比率、身体の動作の激しさやその度合い、動かしている時間。

【2.生物学的機能の規則性】
睡眠・食事(摂食)・排泄などの生物学的本能に基づく行動・機能が規則正しく行われているか。

【3.新しい刺激に対する接近と尻込み】
今までに経験したり接触したりしたことがない新しい状況や物事に対する最初の反応。
新規な刺激に対して近づこうとするか、避けよう(逃げよう)とするかの違い。

【4.最初の反応に続く新しい状況への順応性】
新しい状況や環境、人間関係、物事に対して、どれくらいスムーズに適応できるかの違い。

【5.感覚的応答性の閾値:要は反応の強さ】
ある反応・行動を引き出すための刺激の閾値(反応が現れ始めるレベルの数値)がどれくらいかの違い。

【6.情動的反応の(質とは別の)強度】
外的刺激や内的刺激(内部的な身体感覚)に対する反応がどれくらい強いかの違い。

【7.気分の全般的な肯定性対否定性:要は機嫌の良さ】
快・不快の刺激をどれくらい感じやすいか、快・不快の感情をどれくらい直接的に表現するかの違い。

【8.行動の可変性:外的刺激によって行動が左右されやすい傾向】
ある行動を変化させたりやめさせたりするために、どれくらい強い刺激が必要になるかの違い。

【9.注意の幅と持続性:困難があっても粘り強く取り組むこと】
一つの事柄に注意を向けるか、複数の事柄に注意を向けるかの違い。
単一の活動の持続時間とそれが妨害された時の執着の度合い。

ニューヨーク縦断研究では、調査対象の子ども達をこれら9つの気質の基準に関して、5段階で評価しました。
そしてトーマスらは、各基準の評価の組み合わせによって子ども達を次の4つのタイプに分類しました。
  1. 扱いやすい子:
    睡眠・食事・排泄が安定していて規則的であり、機嫌が良くて精神状態が安定している。新規な状況や物事に対して好奇心を持って接近し、新しい環境に対する適応が早い。すなわち、規則性が高く、順応性・接近性が高い。
  2. 扱いにくい子:
    睡眠・食事・排泄が不安定でバラバラであり、機嫌が悪くて精神状態も不安定(感情的に怒りやすいなど)である。新規な状況や物事に対して不安感を感じて回避し、新しい環境に対する適応は遅い。すなわち、規則性・順応性が低く、回避傾向が高い。
  3. 順応が遅い子:
    新規な状況や物事に対しては不安感を感じて回避しがちであり、新しい環境に対する適応は苦手である。しかし、睡眠・食事・排泄の生理的機能は安定していて規則的であり、普段の機嫌は良くて精神的にも安定している。すなわち、規則性は高いが、順応性が低く、回避傾向が高い。
  4. 平均的な子:
    特別に優れている所も劣っている所もない子どもであり、全体的に見て「平均的な機能・適応・安定」を持っている。
ニューヨーク縦断研究では上記した4つの気質タイプの割合は、扱いやすい子:40%、扱いにくい子:10%、順応が遅い子:15%、平均的な子:35%という結果が出ています。

以上より、本問の選択肢では「外向性」がトーマスらの気質に該当しないと判断できますね。
気質は「生物学的な基礎があり」「子どもが行動をどのように表すのか」という点から研究を行ったと理解していれば、外向性は除外しやすい項目であることがわかります

よって、選択肢①がトーマスらの9つの気質に含まれないと判断できます。

Share /

0 件のコメント

コメントを投稿

About Me

小学校~大学までの教育領域で臨床活動をしています。また10年以上、臨床心理士資格試験対策の勉強会に携わってきました。
このブログでは公認心理師および臨床心理士の資格試験に向けた内容をアップしていきます。時々、コラムや読書録なども。

Followers

CONTACT

名前

メール *

メッセージ *

© 公認心理師・臨床心理士の勉強会
designed by templatesZoo