公認心理師の分類表を公開します(2018年追加試験含み)

2019年05月19日日曜日

追加試験の解説も終了し、それぞれの問題を解く上でどういった分野の知識が必要かわかったので、それをもとにして分類表を作成しました。
前回は2018年9月9日実施分のみでしたが、そちらをアップデートする形になっています。

分類表ですが、2019年度のブループリントや2018年追加試験の内容を踏まえて、いろいろ変更しております。
今後も試験ごとに改定していくことになると思います。

今回「てんかん」の問題が出て(転換性障害じゃないですよ)、どこに分類しようか迷ったのですが「精神症状」に入れました。
てんかんはかつては三大精神病と言われていますが、現在は身体的疾患という見方が強いので「精神症状」という枠組みは不適切という意見もあるかと思います。
しかし、やはりてんかんの人に必要なアプローチ、適切な対応というものも存在し(その辺は中井久夫先生の「看護のための精神医学」をご参照ください)、精神的な特徴も踏まえるという意味で「精神症状」に分類しました。

無味乾燥な分類よりも、臨床的に学ぶ上で必要な分類にしたいなと考えています。
できているかは別としても。


ダウンロードにあたって

個人的に作成したものなので、使用にあたっては各自の責任でお願いします。
明らかな間違いがあれば、コメント頂けると助かります。
個人の利用でのみご活用ください(商用にしないでください)。

リンクは以下の通りです。
https://www.dropbox.com/sh/d6c1trfewwpbar1/AAAUijg3z9P6VwLxv7rs58ZIa?dl=0
Share /

2 件のコメント

  1. 開業中の60代の臨床心理士です。この年なので受験はしないつもりでしたが、今年公認心理師の試験を受けます。なかなか覚えられず悪戦苦闘していますが、素晴らしい表と過去問解説で、これを無料で使っていいのかと恐縮しています。ありがとうございます。日々の臨床のあと、ちょこちょこと使わせていただいております。あと2か月ちょっと、なんとかおっつけたいです。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。

      >素晴らしい表と過去問解説で、これを無料で使っていいのかと恐縮しています。
      どうぞご活用くださいませ。
      試験は多くの人が不安に感じるところだろうと思いますし、あまり人の不安でお金を取りたくないというのが個人的な気持ちです。
      あまりに労力が大きければ話は別なのですが、今のところそうでもないので。
      もしかしたら、そのうち本の広告を小っちゃく載せる程度のことはするかもしれませんが。

      >あと2か月ちょっと、なんとかおっつけたいです。
      応援しております。
      当ブログが一助になるなら幸甚です。

      それではまたコメント頂けると幸いです。

      削除

About Me

小学校~大学までの教育領域で臨床活動をしています。また10年以上、臨床心理士資格試験対策の勉強会に携わってきました。
このブログでは公認心理師および臨床心理士の資格試験に向けた内容をアップしていきます。時々、コラムや読書録なども。

Followers

CONTACT

名前

メール *

メッセージ *

© 公認心理師・臨床心理士の勉強会
designed by templatesZoo