神経性無食欲症のBMI基準について

2018年09月06日木曜日

以前、食行動障害および摂食障害群について記載しましたが、DSM-5になり重症度をBMIで判定するようになりました。

期待される体重の85%以下という基準を撤廃し、以下のように重症度を分類しています。
 軽 度:BMI≧17kg/㎡
 中等度:BMI16~16.99 kg/㎡
 重 度:BMI15~15.99 kg/㎡
 最重度:BMI<15 kg/㎡
※BMI(Body Mass Index)=体重(kg)÷身長²(m)

BMIについては、WHOに基準があります。
それによると上記の中等度の範囲はWHOの「痩せ」の基準であり、それ以下になると「痩せすぎ」という枠組みに入ります(ちなみに軽度の範囲は「痩せぎみ」とされている)。
※日本人独自の指標は「日本肥満学会」が指標を出していますが、ここでは割愛。

最重度になると心理療法よりも、身体治療が優先されることが多いようです。
その理由として、BMIがそこまで低くなると、すでに脂肪は身体についていない状態で、それ以上減るとすると筋肉が中心となります。

つまりそこから急激に体力が落ちやすくなるため、身体的なケアが中心になるということです。
同時に、筋肉が分解されることによってトリプトファン(セロトニンの前駆物質)が、脳に届きにくくなるため、精神症状が生じる可能性が高まります。

今回のDSM-5の改定は、こうした事柄を押さえているということになるのかなと思います。
Share /

0 件のコメント

コメントを投稿

About Me

小学校~大学までの教育領域で臨床活動をしています。また10年以上、臨床心理士資格試験対策の勉強会に携わってきました。
このブログでは公認心理師および臨床心理士の資格試験に向けた内容をアップしていきます。時々、コラムや読書録なども。

Followers

CONTACT

名前

メール *

メッセージ *

© 公認心理師・臨床心理士の勉強会
designed by templatesZoo