文章完成法テストについて

2018年09月02日日曜日

SCTについてですが、臨床心理士の過去問でも意外と間違えやすい点があります。
箇条書きにしますと…


  1. 自分で刺激文を作ってよい。
  2. 知的能力を測る項目がある。
  3. エビングハウスが知的能力の測定に用いたのが最初とされている。
…などです。

個人的には1が正解だと知った時は驚きました。
2は実際に検査・解釈をした人なら知っているでしょう。
3は意外と知られていないかなと思います。
Share /

0 件のコメント

コメントを投稿

About Me

小学校~大学までの教育領域で臨床活動をしています。また10年以上、臨床心理士資格試験対策の勉強会に携わってきました。
このブログでは公認心理師および臨床心理士の資格試験に向けた内容をアップしていきます。時々、コラムや読書録なども。

Followers

CONTACT

名前

メール *

メッセージ *

© 公認心理師・臨床心理士の勉強会
designed by templatesZoo