Banduraの観察学習

2018年09月02日日曜日

バンデューラといえば「観察学習(モデリング)」ですね(他には自己効力感などがありますが)。

観察学習は、大人が人形を攻撃する場面を見せて、その後の大人への対応(報酬を与えられる、怒られる)によって群を分け、子どもがどのような行動を取ったか、という研究内容だったと記憶しています。

バンデューラは、以下のように結論付けました。
①当時の理論では、怒られた群の模倣行動が少なくなることが説明できない。
②必ずしも強化は必要ないが、「強化の期待」が重要である。



社会的学習理論の構築

バンデューラはこれらの知見から、それまでの刺激と反応のみに限定された理論ではなく、認知過程を重視した学習過程として「社会的学習理論」を示しました。

この理論では観察学習は注意、保持、運動再生、動機づけの4つの過程で構成されています。


①注意過程

  • 観察学習が成立するには、まずモデルの行動やその特徴に注意を向けることが大切。

②保持過程

  • 注意過程によって得られた情報は、後の行動に反映させるまで保持することが必要。

③運動再生過程

  • 保持された情報を使って実際に行動する過程。
  • ちなみに①~③までが、新しい行動を獲得する過程である。

④動機づけ過程

  • その後の行動に反映されるかどうかはこの動機づけ過程による。
  • 動機づけは主に外的強化、代理強化、自己強化の3つがある。
    ◎外的強化:その行動が適切に行える状況(外的環境)によって強化される場合。
    ◎代理強化:モデルが何らかの強化を受けていることを観察している場合。「強化の期待」がこちらでは重要となる。
    ◎自己強化:自分自身で行動に強化を与える場合である。
Share /

0 件のコメント

コメントを投稿

About Me

小学校~大学までの教育領域で臨床活動をしています。また10年以上、臨床心理士資格試験対策の勉強会に携わってきました。
このブログでは公認心理師および臨床心理士の資格試験に向けた内容をアップしていきます。時々、コラムや読書録なども。

Followers

CONTACT

名前

メール *

メッセージ *

© 公認心理師・臨床心理士の勉強会
designed by templatesZoo