公認心理師 2020-28

2021年01月25日月曜日

ハーズバーグの2要因理論、すなわち動機づけ衛生理論について問うています。

他の職務満足感に関する理論の概念も入ってきていますので、きちんと弁別できていることが求められますね。

公認心理師 2020-41

2021年01月25日月曜日

睡眠薬の副作用と他の薬剤による副作用の弁別が求められる問題です。

解説の内容はほぼ医学書院から出版されている「臨床精神薬理ハンドブック」からの引用です。

薬理に関しては、この書籍が個人的には一番使いやすいです。

公認心理師 2020-69

2021年01月24日日曜日

神経性やせ症/神経性無食欲症と思われる事例に対する「公認心理師の支援」を見分ける問題です。

こうした問題を解いていて思うのは、症状をどのように見なして関わるのかは資格試験であっても大切だろうということです。

クライエントの症状も心理療法の技法もグラデーションで自分の内に落とし込んでおくことが大切ですね。

公認心理師 2020-23

2021年01月23日土曜日

家族再統合に関する問題です。

家族再統合は、その成否にかかわらず行う必要があります。

そう考える理由は解説内で示しています。

公認心理師 2020-35

2021年01月22日金曜日

専門職連携に関する問題です。 

公認心理師は一芸に秀でるよりも、汎用性の高い(≒色んなことができる)ことが求められています。

そうした「いろんなことができる」中でも、特に重視されているのが多職種連携の力ですね。

公認心理師 2020-22

2021年01月21日木曜日

アルツハイマー型認知症に関する理解を問う内容になっています。

各型の認知症については、これまでも何度も出題されていますから、繰り返し見直して覚えるようにしましょう。

BPSDなど、過去問で出題された内容がそのまま活用できますね。

公認心理師 2020-20

2021年01月20日水曜日

介護保険適用サービスを選択する問題です。

誤りの選択肢も何かしらに基づいて行われているので、それも含めて覚えておくことが重要になります。

個人的には、こういう問題は幅広い理解が必要なので大変だろうと思います。

公認心理師 2020-53

2021年01月20日水曜日

犯罪被害者を支援する制度はさまざまあります。

犯罪被害者保護法、犯罪被害者給付金支給法、更生保護法などです(本問では総合法律支援法もちょっと関わってきますね)。

きちんと「被害者支援制度」という枠組みでまとめて把握しておくようにしましょう。

公認心理師 2020-71

2021年01月19日火曜日

自殺のリスクアセスメントに関する問題です。

具体的にどのような点について尋ねると、自殺リスクの高低を判断することができるかを知っておくことが大切です。

事例の内容を読まなくても正答を選ぶことはできそうな問題でしたね。

公認心理師 2020-17

2021年01月18日月曜日

カウンセリング記録の取扱いに関する問題です。 

法律で規定されているわけではないレベルの、しかし重要な記録に関する理解が問われています。

About Me

小学校~大学までの教育領域で臨床活動をしています。また10年以上、臨床心理士資格試験対策の勉強会に携わってきました。
このブログでは公認心理師および臨床心理士の資格試験に向けた内容をアップしていきます。時々、コラムや読書録なども。

Followers

CONTACT

名前

メール *

メッセージ *

© 公認心理師・臨床心理士の勉強会
designed by templatesZoo